No.31中国⑨北京—万里の長城・慕田峪長城への道—

—前回までのあらすじ—

飛行機の遅延にて徹夜で北京に到着した私は、宿に着くや否や眠りにつく。起床後北京中心地を歩き回り中国を代表する歴史的都市を観光。夕飯は北京で北京ダックを食べ北京を堪能したのであった…。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

 

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

 

 

思わぬ晴天。

前日の降雨のおかげか、何と今日も曇りそらない晴天が広がっていた。北京到着時はPM2.5が大気中に広がっていて今後の観光に支障がでるんじゃないかと不安に感じる程だったから…。

という事で、宿を出て朝一番から今日は『万里の長城』に向かう事にしました。

宿は中心地であるけども、路地裏なのでとても静か。前の道は相変わらずスト2のチュンリーのステージを思い出させる中国の町並み。(そんな似てないけど思い出す)好き。

着いた時と全然違うじゃないですか!!晴天!こんな町中なのに!嬉しい!

 

万里の長城について

ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されており、2007年には新・世界七不思議にも選ばれている。中国には他にも長く連なった城壁、いわゆる長城は存在するが、万里の長城が規模的にも歴史的にも圧倒的に巨大なため、単に長城と言えば万里の長城のことを指す。現存する人工壁の延長は6,259.6kmである。

上記の様に万里の長城はデカすぎて、10個位の観光場所があります。

長城の超人気スポットは『八達嶺長城』北京中心地から簡単に行けて沢山の観光客で溢れかえっているそうです

昨日の北京中心地観光中も、至る所でツアーバスのチケット等が販売されてました。

ここに向かうのは簡単。でも容易に想像出来るのが

・人がアホほど居る

この理由だけで億劫に…。人が多くなりがちな所はどうしても苦手…。

 

色々調べていると

・景色は万里の長城の中で一番良いと思う

・人民が全然居ない

・バスでちゃんと行けば安い

・帰りにスライダーで帰れる所がある

え!?これこそ私の為のポイントですか!?

そう、このポイントは『慕田峪長城』

慕田峪の長城は、外国人旅行者の間で最も人気があります。

場所:北京より73キロ (45マイル)、車で約90
特徴: 長城の要塞の中でも一番のものであり、慕田峪の長城は、監視塔や要塞が長城に沿って密に並んでおり、壁の両側に矢や鉄砲を撃つための穴が開いているという独特の景観をもっています。また、アメリカ大統領夫人ミシェル・オバマが訪れたことでも有名です。
アクティビティ:観光と散策
観光時間:半日
設備:ケーブルカー(上り/下り)、レイルカート(下り)

即座にここに行くと決めました。

 

東直門からバスに乗る

という事で、前回空港からついた「東直門駅」からバスに乗って向かう事にしました。(一応私の乗った情報書いて行きます。)

昔はなんと直通の867路バスがあったのですが私が行くときには無くなってました。バスで乗り継ぎをする必要があり、これがちょっとめんどくさいかも…?

 

【アクセス】

東直門枢紐バスターミナルから916快路で「怀柔北大街」、H23 路またはH23路区間バスに乗り換えて「慕田峪环島」

【バス】916路…12元 H23…忘れました笑 でも安いと思います。

【料金】40元
【時間】4~10月:8:00~17:00、11~3月:8:30~16:30

では、行ってみよう。

この852は気にしないでください。ここのバスの係の人に行き先言えばバスの所在教えてくれました!

 

東直門から「怀柔北大街」へ。

 

死闘。

乗り換えのバス停につく際にバスの扉が開く前から客引きの人民が群がります…まじで勢い凄かった。

 

客引き達「★!?○□▲!!」

(バスの扉の開く音)「ぷしゅー…」

客引き①「Great wall??あ!?あ!?」

客引き②「50!!(元)」

客引き③「Great wall!?あ!?」

我「おお…」

客引き達「★!?○□▲!!」

我「バスバス」テクテク…

客引き「Noバス!!〜〜!!(中国語)」

我「わかんねー!笑」

色々調べているとこの乗り換えを諦め白タクに乗る人が殆どで、私は意地でもバスの乗り換えをしてみたかった。笑

 

我「あ、欧米人がタクシー乗って行った…。どうしよう…。(若干心が折れる)」

 

すると恐らくH23であろうバスが来た!!

客引き『No bus!! 50!!』

欧米人HAHAHA!!! Can you understand English!?

なんかカッコいい白人カップルが自信満々に客引きを蹴散らしこのバスに乗って行く。

 

これじゃー(ただ逃げたかった笑)あまり確認せずにのる。

このバスは満員になり、位置情報からも目的地の長城まで進んでいた。あの人達も絶対長城行くと思うから多分大丈夫かな?

……

荒れる車内

【バス車内】

人民①「★!?○□▲!!」

人民②「Noーー!!No Great wall!!!!」

欧米人カップル「長城行かないの??」

駅員的な人「No!!」(かなりデカい声)

車内は超騒がしくなる…。本当に怒鳴っているくらいの声で騒然とした。

というか、長城行かなそうで自分が「え!?」ってなったけど、アジア人の風貌からか私を構う人は居なく、欧米人カップルに皆で訴えていた。

若者が翻訳アプリを使って「次で降りて違うバスを待って」と伝え、欧米人カップルは降りる事に…!俺も降りねば!!笑

 

ここがそのバス停。

 

我「慕田峪長城に行くの??」

欧米人男「そうなんだ、君もかい?バス凄かったな、みんなうるさいし」

我「正直、あなた達をみてバスのったんだ笑」

欧米人「ハハハ、ここで待つしか無いね。客引きは嫌だし笑」

チェコ出身のカップルだった。

 

こんな感じの人が少ない所でバスを待つ。客引きはこんな場所まで来る、というか通るたび「バス来ねーぞ!30元だ!」なんて感じで皆凄い。

…しかし本当にバスが来ない。

 

結局。

結論から言うとタクシーに乗りました。

ただ、乗り合いのタクシーみたいで「3人で10元だ!」って言われて、凄くお得な気がしたので即決。いやあ非常に難しい乗り換えだった…笑

奥の2人がチェコのカップル

 

駐車場に到着。運転手は親切にもチケット売り場まで来てくれました。

なんすかあなた達!?

この生まれた瞬間完全勝利の骨格は!!

 

慕田峪長城に到着

紆余曲折ありましたが、無事到着!!

うむ、人がかなり少ないぞ!!!凄く良い!!そして晴天!!

ここがチケット売り場

チケットはセット売りしてます。

2種類あって、

・ケーブルウェイ往復

・行きロープウェイ、帰りスライダー

のパターン。 …確か120元

バスでケーブルウェイの所まで…15元

入場料…40元

わかりにくいけど、こんな感じケーブルウェイはちょっと高い所まで行けるはず。別にロープウェイで進んでも頑張って歩けば同じ所行ける。

何より、帰りのスライダーに乗りたかったのでこちらのチケットに。

ほらね!!人いなくないですか!?

 

バス乗り場まで進む道には売店がちらほら。あーいい天気。

 

このバスでケーブルウェイ乗り場まで。

本当に来ている欧米人が沢山、人民はちらほら日本人ほぼ皆無でした!

 

という事で…

はい!最高!!

この長城はそこまで急斜面ではないといいつつめっちゃ疲れます。

 

言葉はいらないですねーーーー。

本当にテレビやネットで見る場所に来れる毎日を過ごして楽しいなあ。

人が少なくて定期的に休憩できる。

 

 

建物の中

まじで疲れるので、休憩しながら水分補給を忘れずに。

 

この2枚はベストショット。と思う。

 

誰もいないところを見つけて休憩してたらワンワンが一緒に。お前も疲れたか?

 

また素敵な出会い

今日はある人と夕飯を。

宿から国貿駅の近く集合でと言われたのでその場所に。

 

 

張さんとソウスケさん

じゃじゃーん!!

実は万里の長城で張さん(右の方)と仲良くなり、夕飯を誘ってくれました!!左の方はお友達のソウスケさん!

実は私あの一本道の万里の長城で道に迷いました。

詳しい事は割愛しますが、到底人がたどり着かなそうな場所で涼んでいた張さんに遭遇

我「Please tell me the way to the exit😭」

張さん「ニホンジンデスカ!?ワタシわかります。」

我「うわーーー(感動)」

何とまた日本語が少し話せる方に遭遇したのです…!(出会いの運がありすぎる気がする…)

そして一緒に休憩しながら英語中心に会話、時々日本語を交えて会話を楽しみました。

彼は日本のアニメが好きだそうです。いや、本当にアニメの力は偉大だと思った…。

 

「艦これ」が何か知りませんが携帯のアプリに入ってて盛り上がりました。

 

何よりも張さんは仕事で北京に来ているそうです

何と仕事はあのCCTV!!!!知財担当の弁護士さん!!!これ結構凄い人に会っている気がするんだけど…?笑

国営テレビだよね…?

ソウスケさんも同じ弁護士仲間。張さんが私とご飯食べたいから混ぜてくれました!

 

何よりも、沢山食べて、沢山話して、中国風のしゃぶしゃぶを堪能しました…!張さん日本語勉強したいから、英語じゃなくて日本語で文を送ってくださいっていつも言ってくる…かわいらしい。

 

朝から色々苦戦したり、素敵な出会いがあったりとても素晴らしい日になったのでした…。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Follow me!

No.31中国⑨北京—万里の長城・慕田峪長城への道—” に対して1件のコメントがあります。

  1. チャム より:

    めっちゃ素敵やんけ

  2. チャム より:

    ちなみにワシ、今日誕生日やで

    1. takuro より:

      わろた。オメデトウ、仕事は順調ですか笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください