No.129キルギス⑭ーカラコルービシュケクからカラコルへ陸路移動しましたービシュケク

—前回までのあらすじ—

キルギスは旧ソ連だった。そこから独立した国の一つであるキルギス。私は南旅館のF氏に誘われて各地で開かれてる蚤の市に向かう。古着からガラクタまで様々なものが置いてあるいわばフリーマーケットであるこの場所で私はソ連時代のバッジを手に入れたのであった。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

昨日はイスタンブールの高校に行きました。今私に部屋を貸してくれているトルコ人の友人の卒業した高校です。高校じゃなくてここ大学でしょ?!って言いたくなるくらい素晴らしい校舎、そして目の前には海。超羨ましいいいい・・・。

この日は高校でも特別な日だったそうで、在校生がご飯を振る舞うというイベントでした。校舎の中を散策して見たり、そもそもこの場所に外国人が来るはずもないので、非常に貴重な経験でした。だからこんな薄い顔の私を見る視線もかなり笑

校舎はなんか海外映画で見るようなそんな世界でした。大学の教室にすごく似てます。で、当然ヨーロッパの雰囲気が混じっているので、日本人の私からしたら何もかもおしゃれに見えました。

カラコルへ。ビシュケクを出発。

一旦ビシュケク離れます。およそ5日ほど。

時期に寒くなるので、私がもう一つキルギスで行きたかった場所の山奥にある「アルティンアラシャン」に向かうことにしました。ここも大自然が堪能できるのです。

ここでもトレッキングができ、まずはカラコルというキルギス北部にあるイシククル湖の近くの村に向かい、そこで一泊して翌日アルティンアラシャンに向かうことにしました。

出発前の朝ごはん。でかい餃子みたいな。そんなやつ。確か25ソムだったので、55ソム渡したら25ソム返ってきた笑。
そう、このお釣り少なくしましょか?方法は時にしないほうがいいのである。国によって、「なんだこの渡し方」と混乱させてしまうから。笑

あともう一つ、「フリスビーパン」!!、、、ではなく「ナン」。中央アジアの必須アイテム。

私は長距離移動のときに必ずこれを買います。どんな食事にも付いてくるナン。庶民の味。毎日どこでも作られているので、安いし、小腹が空いたらちぎって食べる。変なお菓子より全然いいのである。

で、この形から「フリスビーパン」って呼んでいました。フリスビーパン最高。時に持っていすぎてカビてしまったことも笑

さあ、アルティンアラシャンに向けてまずはカラコルへ行くでやんす!!

ビシュケク・西バスターミナルにカラコル行きのバスがある。

南旅館からまずは、カラコル行きのバスがある西にあるバスターミナル(ザーパドニ・アフトヴァグザール)へ向かいました。

ここです。

チケット売り場はここから入っていきます。タクシーの運ちゃんが色々声かけしてきますので騙されないようにしてね。

タクシーの客引きがたくさんいる = この奥に本物のバスがある

当たり前だけど、この公式、忘れないでください。笑 テストには出ません。

カラコル行きのマルシュを探しましょう。

お!はっけーん。「КАРАКОЛ」って書いてありますよね。これがカラコル行き。

キリル文字において、

「P」は「R」

「L」は「Л」

です。なので「カパコル」ではありません。

 

・・・偉そうに語っているけどキリル文字、これくらいしか理解してません。笑

 

マルシュの集金方法は中でお金渡す方法が多いんですけど、ここのターミナルでは事前にチケットを買います。

 

チケット売り場は入り口の進んですぐ、この写真だと、カラコル行きのマルシュに向かって進んですぐ左に曲がるとチケット売り場が出てきます。

これです。「KACCA(カッサ)」はチケット売り場の名前。

ここでカラコル行きのチケットを買いましょう。

ちなみにカラコル行きのチケットは「北ルート」「南ルート」とイシククル湖を挟んでどっちを通るかのルートで別れています。大抵は「北ルート」が多いと思います。

こんな感じです。

チケット代:350ソム(1ソム=約1.6円)

これならぼったくられているのか心配しないで安心です。

400km超の道を進んでいくことになります。だいたい6時間前後で着くとか。

出発までに何か買っておいてもいいかも。フリスビーパンとかね。

車内はこんな感じ。椅子取り合戦になるので、先に席を取っておいたほうがいいです。

人が集まったら出発です。

 

いざカラコルへ。

人も集まったので、カラコルに向けて出発です。

休憩は一度ありました。ちょうど、イシククル湖に入る前。北と南のルートから別れる分岐点。

この休憩所から見える山も綺麗でした。

長距離移動では、映画を観たり、外の風景を眺めたり。

出発が遅かったので、着くのも夕方の時間に、、、笑

そして、無事カラコルに到着しました。

バスはカラコルの村の北側のバスターミナルに着きました。

宿までの道のりは結構ありましたが、歩くのが好きなので関係なし。むしろ街の風景が眺められのでよし。

少し肌寒い感じ。(当時10月初旬。)

30分くらいでまちが見えてきました。お昼ごろから出発しましたけど、まあこんな感じで大丈夫だと思います。

私はここで、

「アルティンアラシャン」

「世界で2番目にでかいアニマルマーケット」

にいくことになります。

どうぞお楽しみに〜〜。

 


にほんブログ村

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください