No.98ラオス⑨タイ⑩ールアンパバーン からチェンマイ、そのままメーソートまで!ールアンパバーン・チェンマイ

—前回までのあらすじ—

ルアンパバーン最終日、大学生のケイスケ君とおしゃれなメコン川沿いのカフェutopiaへ。そして最後は薬草サウナにて体を癒した。日本のサウナに負けず劣らずの質のサウナに感動しつつ微笑みの国ラオスを後にするのであった。次なる国はミャンマー。東南アジアラストの旅。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

インドでカレー粉買ってカレーつくりました。うまかったです。市場で100円くらいでカレー粉を調合してもらえるんです。4種類のスパイスを基に作っていきます。クミンというスパイスがカレーの風味を出してくれます。旅行してていろんな人に会うけど料理上手の人が多い。

中央アジアでは本当にいろんな人に感化された気がする。少し自分で作れる料理増えました。大したものないけど。そして、モンゴルで出会った匠と明日お別れするので宴をしました。そしたら全員(3人)記憶なくしました。私は椅子でバランス崩さず寝てました。

明日から一旦1人旅再開。インドの移動は非常に疲れそう。かかってこいや。…いや、やっぱり来ないでインドの皆さん。笑

ルアンパバーンからチェンマイへスリーピングバスに乗る。

前回の話。ルアンパバーン観光後編。

訪れたのは

「utopia」

「赤十字薬草サウナ」

 

肝心な滝はというととんでもない水量。笑

雨季に東南アジアを訪れる難しさを実感したのでした。

 

南部のダム崩壊によってラオス南部に行けなかったこともあり、滞在は10日ほどになってしまいましたがラオスを出国そのままミャンマーにむかいます!

 

ルアンパバーン→チェンマイ スリーピングバス

薬草サウナで若干お肌ツルツルになった私ですが、宿の人にお願いしてタイ・チェンマイ行きのバスを手配してもらいました。

でもね、送迎の車が来なくて。

オーナー「大丈夫だ。必ずくる。」

って言い続けてたオーナーが急に焦り始めて笑

 

オーナー「私の車で送迎します!!さあ行きましょう!!」

私「は、はーい!大丈夫?とっつぁん?笑」

 

あ、ここがバス停です。

Southern Bus terminal

が近くにありますけど向かい側。

こやつがバスです。こやつがタイに連れてってくれます。

オーナーのとっつぁんがチケット買ってくれました。

お値段:340,000キープ(4,400円くらい)

とかだったかな?

 

とっつぁんも一安心したようで、ホッとした表情で帰っていきました。Good job

夕方6時に出発です。

中はこんな感じ。綺麗じゃないの。

ハローキティちゃんの毛布くれました。わかってるじゃん。

軽食も来れました。わかってるじゃないの。

謎の日本のお菓子と謳うものが入っていました。ばかうけみたいな感じで美味しかった。

 

ということでいざ出発。

長距離移動のお供。映画。

Amazonプライム会員である私は、長距離移動の際よく映画をみます。

このルアンパバーン ー チェンマイ間の移動ではこの映画をみました。

「CAST AWAY」

なぜかはわかりません。トムハンクス出てたから。笑

Fedex(宅配会社)勤務のトムハンクス。時間に超忠実なまさにお仕事人間。

そんな彼がなんと飛行機事故で無人島に漂着しちゃうんです。他の乗客は全員死亡。

そらこんな顔になるよ。

綺麗なビーチですが、誰もいない食料もない。大ピンチ。あれじゃん、サンジとゼフの話に似てるね。

 

そこから生きるために知恵を絞って色々するわけです。人間の底力。まさに原始時代のような生活。

とにかくトムハンクス頑張るんです。

でも誰も来てくれない。

 

時は流れて…

こんなになったった!!笑笑

 

えええええ!!

トムハンクス、こんなに頑張ったんだ…。俺ハングリー精神足んないかな。ヒゲ、伸ばそか?

ってここラオスで一人小声出てしました。

 

さあ、トムハンクスよ無事アメリカに帰れるのか?!

なんて一人で盛り上がったら休憩になりました。笑

ラオス最初で最後の月。満月。

タイに向かう道、ラオスの道はすんごくボコボコしてまして、ガタガタ揺れます。

曲がるたび私も左右に転がります。ねれない。

 

さあ、休憩したし続きじゃ!

実はトムハンクス。ついに発見されたのです。アメリカに英雄のような扱いで帰国することができました。

奥様とも再会!!本当によかった泣。

そうこの「壊れてしまった」というのは事故が起きる前にもらった時計。中に奥さんの写真があったのです。

彼はこれで精神をつなぎとめていたのでした。愛って素晴らしい。

ん!?!?

君の家族…??

ええええええええええええええええ!!

そう、彼は死んだことになっており、未亡人になった彼女は他の男性と結婚。

辛すぎる。

誰も悪くない。奥さんも辛そう。

いっけええええええええええ!!!

今の旦那さんGood byeかー!?See youかー!?

駆け寄ってキスしたっけな?とにかくいい感じの2人。

うん、ハッピーエンドかな!?今の旦那さんはバッドエンドかな!?

 

 

 

 

 

うええええええええええ!!帰りまーす!!(うるさい)

そう、彼は今の彼女の幸せを壊せない。

最後の最後まで紳士だった。なんて辛い人生なんだ。トムハンクスよ。

 

こんな感じでラオスのガタガタバス移動を楽しんだのでした。

 

タイ入国・チェンマイから一気に国境の街メーソートへ。

朝です。寝たのか寝てないのか忘れました。

事前に買ったパン、朝ごはん。

愛しのアイマスクがある。彼はこの後入国するミャンマーで冒険することになったのです。元気かな?

あっさりタイ入国です。

道路がきれいになったよ。インフラの変化で国の変化を感じれる。

私はチェンマイにつきますが行ければ一気にミャンマー国境の街メーソートへ行きたい。

 

果たして、メーソートまで行けるのか!?

チェンマイ→メーソート バスを5分で乗り継ぎ。

そして私はチェンマイのバスターミナルに到着。

ついたのはここ。

あれ、、、????

ここってメーソート行きのバスターミナルじゃん!!

(事前に調べていた)

うわ!行けるかな!?!?

 

メーソート行きのバス会社は「Green Bus」という会社のバスに乗る必要があります。

 

近くにいた人に聞いてチケット売り場に到着。

あった!!ここだ!パシャ

写真撮っている場合じゃあありません。

 

私「メーソート行きのバスありますか!?」

店員さん「5分後に出るわy…」

私「ください!!(鼻水)」

 

チェンナイについてからおよそ5分。

いや、もしかしたら7、8分かもしれないけどそういう細かいこと言う人は友達できないよ?

 

無事メーソート行きのバスに乗ることができました。

 

値段:290バーツ(1,000円くらい)

時刻:14:00発

 

いやったぜーーー!

中ではお水とお菓子をくれました。嬉しい。

こっちは晴天。

こっちはゴロピカドン。

天気どうなんだろうなあミャンマー。

バンダナに眼帯。海賊みたいな人発見。ルフィと戦うのかな?

6時間ちょっとで到着いたしました。

PM8:00

やばい宿取ってない。てことで、歩いてケンタッキー行ってwifi使って宿を予約。

ここね、宿高いんです。

あとね、野犬多すぎ。ちなみに私はケルベロスって呼んでるんですけど、

彼らに3匹囲まれてしまいまして。ゼルダの伝説のリンクみたいに持っているビニル袋で回転斬りしようとしたら、メインバック・サブバックの重さで転んでしまいました。そして車道に向かって転んだので、車に轢かれそうになりました。

ケルベロス嫌い。今いるインドもケルベロス多すぎ。

高いけどね、ここですっぽんぽんになって飛び跳ねたりして楽しかったです。

個室最高。

 

さあ、ミャンマー乗り込むでええええええ!!

次回!東南アジア最後の国ミャンマー入国!!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください