No.92ラオス③—ブルーラグーンに行きました—バンビエン

—前回までのあらすじ—

タイ国境の街ノーンカーイに到着した私はこの旅11カ国目のラオスへ入国。首都ヴィエンチャンを越えてバンビエンへ。日本から寄付されたバスを乗り継いでボコボコの道を進み無事到着。雨期の影響により不安定な天候状況でラオスの観光を始めるのであった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

新年早々更新を怠っている、私です。いや、怠っていはいない。観光を楽しんでいるのだ。ところで現在は20カ国目のトルコ。寒いです。ジョージアのバトゥミから一気にイスタンブールへ来ました。後少しで到着します。そう、私はいまバスの中で記事を更新しようと奮闘しているのです。

トルコは寒いです。雪が積もっていました早朝休憩した場所では−12℃を計測してました。カッパドキア、大丈夫かな?笑 因みに今雪は降っていません。

明日とうとう高校時代の友達がやってくるのです。向こうもドキドキ。こっちもドキドキ。今日は宿に泊まらず空港泊です。だって彼4時着だから笑 スタバとかで長時間いれるのかなあああ?そして、無事で楽しい旅行になります様に。

p.s.こんなことトルコで書いておきながら、UAE、オマーンと超えて今23カ国目のインドにいます。おい、俺よ!笑

バンビエン観光

無事ラオスへの入国を果たした前回。

タイ・ラオスの国境ノーンカーイから入る際には「友好橋」を渡る必要がありました。

更にその友好橋を渡るにはバスに乗らなければなりませんでした。

橋を渡る際に、最初タイの国旗が靡いているんですけど、中間地点でしゅっ!!って国旗がラオスの国旗になりました。しゅっ!!ってね。

 

んで、毎回国境でた後に必ずと言っていい程いる、まるで桜木花道のフンフンディフェンスの如く壁の様に立ち仇かるタクシーの運ちゃん軍団をすり抜けて日本が寄付したバスに乗って

ヴィエンチャン、そしてバンビエンへと到着したのでした。

 

今回はバンビエン観光の話になります。

結局バンビエンには4泊したのですが、きちんと遊べた日は1日半だけでした。

丸一日遊べた日の話がメインになります。どうぞよろしく!

 

因みに今トルコのアタチュルク空港で記事書いているんですね。(「はじめに」書いている時から移動した笑)

ここ2016年にテロがあった場所です。今でもそのニュース覚えています。

やっぱり若干緊張してます。乗ってるバスが電車が爆発するんじゃないかとか、「アラーアクバル」なんて叫ぶ人が現れてしまうんじゃないかとか。

日本生まれの平和ボケの脳みそでも出来るだけ緊張感もって観光したいと思います。

 

話が逸れちゃった笑

ラオスの話になります!!はい〜

電動バイクを借りる

しとしとぴっちゃんしとぴっちゃんしとーぴーっちゃん。

うん、いい天気!!😘

 

連日続いていた雨が止み、「これは今日しかない!!」と意気込んで観光する事に!

写真で見えるプールは水がありません。雨水でも貯めちゃえ。

バンビエン観光すんぞ!

 

 

ー部屋での出来事ー

コロンビア人カップル「チュ、チュチュチュ…」

 俺「…。(ドミトリーやで…。くそう!!)」

 

 

コロンビア彼氏「やあ!今日雨が止んだね!観光日和だ」

 俺あひ!そうだね!!何処行くの?」

コロンビア彼氏「うーん、とりあえずオートバイ借りてブルーラグーンとか回ってみようと思うんだ!」

 俺「オートバイね!」

コロンビア彼氏「ここの観光はオートバイ借りるのが主流だ!いいお店知ってるよ!」

 

 

という事で、ここバンビエンでの観光の主流はオートバイを借りるのが主流なのでまずはバイクを調達する事にしました。

ふっ、バイクか…。

ベトナムバイク旅を思い出すぜ…。

(参考:ベトナムバイク旅編

宿でてコロンビア人カップルが言う場所に向かいました。

バンビエンの街はこんな感じでこじんまりしてます。

そして町中至る所にレンタルサイクルが、レンタルオートバイクが置いてあります。

こんな感じで。

バギーも結構置いてあって、マリオカートみたいでした。

この街の中心地ですました顔して運転してる外国人がちょろちょろいます。カッケーっす!!

 

ここがバンビエンで噂の「SAKURA BAR」お薬できて、オカマが沢山のところらしい。全く興味持たず。

 

その「SAKURA BAR」の奥を進んでいくとその店がありました。

コロンビアの兄貴とも遭遇。

正直値段は周りと変わらないと思います。

MT中型…150,000キープ(半日)200,000キープ(24時間)

セミAT…40,000キープ(半日)80,000キープ(24時間)

一番下のは普通のATだと思います。

このお店でバイクを借りた際には、領収書とパスポートを預ける事になります。

パスポートはバイク返却と共に変換されます。

そして私が借りたバイクは当然これです。

4速ギアのセミAT。懐かしいぜ!!

 

 

ガソリンが殆どない状態で渡されるのですぐ近くのガソリンスタンドで給油しに行きます。

そんな顔しないでよ…。笑

 

PV OILってさ、ベトナムでもあった気がするんだけど!?あったよね!?

 

さて、一国を縦断したライダーであるこの私、もう初心者とは言わせない。

ワクワクしてきた!!

 

ブルーンラグーンへ。

さて、バイクを借りたので出発です。

バンビエンの人気観光地で「ブルーラグーン」という、川の様な場所がいくつもあります。

その名の通り流れる流れる水が青いそうです。

ポイントがいくつもあり、とりあえず進んでみました。

ブルーラグーンは街の反対方面の橋を渡ってずっと奥に進んでいく必要があります。

ナムソン川という川を渡るのです。

橋を渡るのに少しお金がかかりました。

一台10,000キープ(約130円)自転車はもう少し安いです。

うほ!あっぶねえ。笑

この木の道を進んでいきます。

なるほど、ベトナムとはまた違うスリルを味わせてくれるのか。

川が怒っている…。ナムソンさん…。

水量ヤバくない?やばくない?

車「どけどけ〜!!小童どもがああ!!」

バイク民「ひいい!!」

車「邪魔邪魔邪魔ーー!!」

私「ひいいいいい!!」

 

※この橋、車もガンガン通ります。

ラオスって感じ。

木造の橋を難なく渡り、ひたすら直進するとそこに見えた景色。

ラオス感。

そうそうこれこれ、ラオスって感じ。

この岩がね〜。

これが!!!ブルーラグーン!!!…じゃ無いな…。笑

のどかな景色にバイクを何度も止めてしまう。

あー晴れてたらなああ。

モーモー。

これが時間がゆっくり流れる国ラオスの真骨頂か!!

いようと思えば何時間もここにおられるぞ!!笑

この動画なんてもう…ラオス感!!!

私「こんちわーっす!!」

 

牛①「うわ、ニンゲン」

牛②「無視無視」

牛③「青い牛に乗ってる?」

牛④「腹減った」

 

牛(遠め)「友達いない」

 

ブルーラグーン着

そんなこんなでザ・ラオスの風景のを楽しんだ私はブルーラグーンに到着。

はてどんなところなんでしょう。

ここはブルーラグーン

人気があるところだそうです。

バイクをとめて。

吉幾三!!

 

×ブルーラグーン

○ブラウンラグーン

 

え、何この水量と韓国人の数。笑

そう、聞いたところによるとここのブルーラグーンが人気ドラマの観光地になったそうです。

 

この水の色は、雨期による連日の雨のせいでした。

 

ブルーラグーンに飛びこむ

「ウェーーーーーーーイ!!」

「きゃあああああ!!!」

「あははーーーー!!!」

私「…苦手だ違う所行こう。」

 

 

と思っていたら、

「こんにちは!!」

 

そう、そこにいたのはバンコクにいた関西の大学生達!!

(参考:タイ

 

「飛行機でバンコクからやってきました!」

私「電車でゴキブリと一緒に来ました!」

 

 

てなわけで、正直あの木の部分から

 

そうあれの上から飛びたかった私。

 

大学生の子「僕飛びますんで、一緒にいきませんか?」

 

 

私「んぁぁぁうん!!!!!!!仕方ないなぁああ!!!」

 

ということで、

飛んできました。

なんとか私の素敵なバク転の動画貼り付けたかったのですができなかったので、インスタのハイライトに載せてありますんでぜひ見てみて下さい。

あ、いや貼り付けできました…。笑

てかインスタが一番リアルタイムに近いのでぜひ見て下さい。今全然違う国にいます。ちゃんと旅行してます。笑

ブログ、サボりすぎてます。こっから本気出す!!

 

そして、日韓の大学生と一緒に記念写真。

パシャリ。

そして、関西の大学生達とパシャリ。

動画撮ってくれたり、写真撮ってくれたり本当にありがとう。

 

これ、言いたくなかったけど

「若いっていいなあ…。」

 

ブラウンラグーンに飛び込んだ私は、次の目的地にバイクを走らせたのでした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Follow me!

No.92ラオス③—ブルーラグーンに行きました—バンビエン” に対して1件のコメントがあります。

  1. コイシ より:

    ブルーラグーン!!懐かし!
    ゴキブリと一緒に来ましたに声出して笑いましたww
    更新応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください