No.69マレーシア⑥クチン・シンガポール①—マーライオン—

—前回までのあらすじ—

コタキナバルからシンガポールへ向かった私はトランジットで1泊クチンというボルネオ半島の西に位置する街に滞在した。事前に調べた情報は「ネコの街」。街を歩き判明したことは、ネコを街のシンボルにしているだけで本物のネコが大量にいる訳ではなかったのだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

 

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

 

 

はじめに

久石譲って本当に天才ですよね。ってそこまで久石譲の音楽知っている訳じゃないんですけど。ジブリは好きでして、有名どころはよく見るんですけど。久石譲さんのナウシカとか凄く好きなんですね。

なぜこんな話急にしたかというと、最近カザフスタンでの移動は長期列車移動。その車窓から見える景色が特にこのナウシカがぴったり合うんです。あの最初のドラムの「ドタドタドタドタン」。こっから鳥肌ものです。あれで大半決まるんじゃないですか?そこからノスタルジックな感じになるピアノ…。

冬に差し掛かりそうな、少し寂しい殺風景な景色を一人黄昏れながらかっこつけて見ている訳です。車両の連結部分辺りで。そしてそんなことしてたら車掌さんに怪しまれて「お前何してるんだ。チケットはあるのか。」って疑われてしまいました笑

シンガポールへ②

前回は、コタキナバル—シンガポール間のトランジットということでクチンというマレーシアのネコの街に滞在しました。ネコの街というのだから、沢山ネコちゃんがいると思いますよね?

ええ、いましたよ。鋼の錬金猫がね。

実にシュールでした。笑

さて、今回は目的地シンガポールに行きます!

ネコの街と謳って私に色んなサプライズをしてくれたクチンよさらばだ!!笑

でもね、本当に素敵な場所でした。シャボン玉で遊ぶあの平和な、ゆっくりした感じ大好きでした。

 

 

飛行機でほんの少ししてすぐに着いたシンガポール・チャンギ国際空港。

いきなり登場マーライオン。

飲み会ばかりの大学生活うを過ごした私の頭の中のマーライオンは意味が違う。笑

というか、いきなりあまりに綺麗すぎてさすがシンガポールだわって感じました。

おお、大陸側に戻ってきたぞ!!

 

とここで、忘れてたブルネイ・ドルを換金。

最初は出来るか心配でしたが、できました。

ブルネイでもシンガポール・ドルが使える事を知っていたのでこの2国間では大丈夫のようです。よかった!

因みにブルネイ編でも話した様にシンガポール・ドルとブルネイ・ドルはほぼ同じ価値です。

1円≒80シンガポール・ドル(このとき)

 

おぼろ月ベイサンズ

もうね、シンガポールっていったらここ行くしか無いでしょ!

はい、という事でおぼろ月ベイサンズです。

いやあ、よーーーーーーーーくテレビで見ますけど、生で見た時はテンションあがりましたね!

本当に圧倒。すっごくおっきい。そんでもって、シンガポール街全体が煌びやか。

ふふふ、ここにいつか将来のお嫁さん行きたいね。

ベイサンズの前に立ち並ぶビルは外資系金融グループのビルだらけ。

ゴールドマン、バンカメ、バークレイズ…懐かしい名前の会社が大集結。凄い。

前職の支店もここに。超絶エリートなんだろうなこんなところいる人達は。

 

 

アジアの金融中心地はここ「シンガポール」「香港」って言われてます。

シンガポールって淡路島ほどの国土くらいしかない様です。

山も無く昔は水不足が問題視されてた資源もないシンガポールが、なぜ急成長できたのか。

何より、低い税制でしょう。外資系の企業も参加しやすい様に。海外から資本よ呼び込む訳です。

あとはアジアの中心地という「地の利」を活かして、思惑通り外資を呼び込んでこんなにキラキラした街に!!

とってもかっこ良い。久しぶりの都市じゃ!

 

ということで、シンガポール初日はそこまでじかんが無かったので、とりあえずここに!

 

じゃじゃーん。

おい、オレの顔よ

人が多すぎて、緊張感を持ちつつセルフタイマーは一発で終了。

マーライオンこれかーー!!ってなった。意外と大きいし、人が凄い多かった。

うん、やっぱりテレビで見るもの実物で体験できる今のこの時間って本当に幸せなんだな。

また明日来よーっと!

 

 

 

 

あ、そうそう大学生(特に私大文系)にとってのマーライオンはゲロゲロピーする酔っぱらいの事なのですよ。(あくまで持論です。悪しからず笑)

では。

 

Go→Singapore!!🇸🇬

takuro

HP 30 MP 0

Lv.8

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください