No.100ミャンマー②ートラックアドベンチャー!ゴールデンロック豪雨編ーキンプン

—前回までのあらすじ—

雨季の東南アジア。雨が降ったり止んだりの情緒不安定な天候に見事影響を受けいつくるかわからないバスに困惑する。そして車体と同じくらいの大きさの荷物を積んだバンで地元の人と一緒に移動をするも、大雨にて止まってしまったバスの影響などで、さらなる時間ロスを受けチャイティーヨーを経てキンプンについたのはなんと午前4時であった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

ファストフード特にマクドナルド。あの「M」の、いやこんな角ばっていない。「m」の大きい感じ。柔和な曲線を描く「m」の看板を見るとですね、体が勝手に入店するんです。自分の意思とは裏腹に。くそう。特に中央アジアではずっとマクドナルドはなかったんです。トルクメニスタンを超えるまでは。

アゼルバイジャンであの「m」の文字を見たとき体に衝撃が走りました。「っはあ!」って。そして連日の入店。食べるものはビッグマック。ポテトが私の体を毒していくのが実感できました。プロフやラグマンを楽しんでいたはずなのに。

という感じで、滞在する町でマック(関西ではマクド)を見つけると必ずと言っていいほど寄ってしまいます。いいよね、たまにはさ。笑 旅行中の皆さんわかってくれるはず!笑

ゴールデンロックへ!!絶賛悪天候!!

宿のおっちゃん「お主よ。君はバガンへはいけない。ヤンゴンに行かないと行けない。」

私「へえ……えええ!?!?」

宿のおっちゃん「これを見たまえ。」

私「は、橋の写真…??」

宿のおっちゃん「そうだ。まだあるこれを見なさい。」

私「はい!?!?」

宿のおっさん「そうだ。ダムが決壊して橋が壊れてしまった。場所はなんとここの北にあるまさにバガンへと繋がる道だ。」

私「ええ!!ミャンマーの方は無事なんですか!?」

宿のおっさん「うむ、部隊が出て総動員で救助中だ。とにかく君は今日バガンに向かえない。」

私「なんて日だ!!」

 

そうなんです。前日私が立ち往生した大雨の影響はやはり他の地域でもかなりの影響を及ぼしていて、ネピドーという、ここキンプンから最初に乗り換えるはずだった予定の都市の近くの橋が壊れてしまったのです。

 

当時のニュース:ミャンマーでダム決壊、5万人が避難

ああああ。

私自身の今後の移動も、ミャンマーの人たちの無事も祈っていました。

 

なんか、ケントさんにも楽しそうとか言われるし。笑

 

この日キンプンを観光してバガンに行けなくなったので、まずはヤンゴンに向かうことにしました。そっちのバスは出ているそうです。

 

よし、とりあえず予定がわかったからまずはキンプンに来た最大の目的

「ゴールデンロック」へ行くことに決定。

 

復習です。ゴールデンロックとは

「ミャンマーでここ行ってきたよ!」って写真を見せれば

「あー!ここねー!」ってなる場所です。

 

ほらね、「あー、ここね!!」ってなるところ。

ここで見る夕日が幻想的で、素晴らしいそうです。

 

 

 

 

 

 

夕日ねえ…

 

 

 

 

 

一応雨は止んだわな。行くか。

重い腰を上げゴールデンロックへすすことにしました。

 

トラックアドベンチャーでゴールデンロックに向かうのだ!

夕日なんか期待できんな。

とにかく雨よ、降らんで置いてくれ。笑

 

んで、宿がある場所からどのように山の上にあるゴールデンロックに行くのかというと

調べた情報では

 

 

「でかいトラックで行く。」

 

 

うん、ざっくり。笑

つまりはだ、トラックの荷台に乗って向かうのである。

ドナドナ状態かな?笑

 

場所は歩いてすぐの場所にありました。

ここだよーん。

名前も「truck station」

 

そして歩いて数分、到着!!

なるほどねーー!!椅子あるじゃーん!

なんか面白いぞ!これ!!

ちなみにこのトラックは人数が集まり次第出発。

ちょっと遅れてしまったのでみんな行ってしました。

しかし30分ほど経つとまたまたたくさんの人で埋め尽くされました。

中にはお坊さんも一緒に山の頂上まで向かいました。

んじゃあ張り切って出発すんべよおお!

 

地獄の山道・トラックアドベンチャー

シュールな一枚。ケルベロスと見つめるお坊さん。

このトラック、意外とスピードが早い。

 

 

やはり動画見るとスピード感あります。

 

 

 

 

…ポツッ。

 

私「ん?」

 

 

…ザアアアアア!!!!!!

 

私「終わったああああ!!」

 

山登るってレベルじゃねーぞ!!

 

そして、非常に苦しみながら無事?いや、もう帰ってこれないのではないのか?と疑うくらい登れば登るほど凄まじい雨に打たれ、ほぼ10円くらいで買ったうすーいレインコートももはや役に立たないレベル、

「ただのぬのきれ(守備力+3)」から「ぬののふく(守備力+4)」に変わった程度。

ミャンマー来る前に

「ここで素敵な夕日が観れるのかしら?うふふ」

なんて頭の中お花畑の自分を叱りたい。辛い。帰りたいです。笑

 

頂上到着。おバカ4人組でゴールデンロックへ

なんて日だ…。笑

 

当時のスコールの様子。

「え、本当に今日街に戻れるの!?笑」

 

とにかく屋内に一度避難したい。

ということで、などの暖かいスープを作っているお店に侵入しました。

お値段は100円くらいだった気がする。

 

そして、ここで私はこんな天候でこんな場所に突っ込んでくる私以外のおバカ2人に遭遇しました。

左:カメちゃん

右:リュウくん

二人は関西の大学生。たまたまトラックで一緒になりました。

カメちゃんに関しては名前が一緒takuroくん。リュウ君は右翼。笑

私だけじゃなかった!こんな場所に来るおバカな人は!笑(悪口じゃないよ)

 

お二人登場シーン。

 

私「こんな天気じゃあもう行けないよね…ゴールデンロック…。」

カメちゃん・リュウくん「え、行きますよ!?」

私「え!?」

カメちゃん・リュウくん「え!?」

全員「え!?」

ということで出発です。

凄まじい雨に打たれながらレインコート一貫で突入する我ら。

ここでもう一人のおバカさんが仲間になります。

ルーベン:チリ出身。現在ワーキングホリデーをしつつ東南アジア周遊中。

今後、レインコートの色で識別できるように解説しておきます。

 

オレンジのおバカ:ルーベン

イエローのおバカ:リュウくん

ブルーのおバカ :カメちゃん

グリーンのおバカ:我

 

さあ!出発じゃ!!

 

チケット窓口到着。

係の人もびっくり。

「え、行くの!?」みたいなね。

でも大丈夫、みんなこの10円レインボーレインコート着てるんだもの!!

入場料:10,000チャット(約720円)

いっくぞー!

 

 

念願のゴールデンロックとご対面!

入り口到着!!

何も見えませーん!!!笑

 

入り口では靴を脱がねばなりません。

いくらか忘れましたが少額のお金がかかります。

入り口付近で戯れるおバカたち。楽しそう笑

ツルツルの道を裸足で進んでいきます!

気をつけて!!

 

すると、、、

ああああ!!!…??

違います。ゴールデンロック(弟)です。

紛らわしい!笑

でもね、もしかしたらさ!

突然突風がピャーーーーーって吹いてさ!

んでさ!雲がすっ飛んで、ピカーンて夕日みれるかもしれんね!?

だから希望持って行こうよ!

こうなるかもしんないじゃん!!

 

 

お、おう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

神様は私たちに大きな試練を与えたんだ。

きっとそうなんだ。

間違いない。

神「いつもインスタ映えできるような甘いものではないのだ。」

と、私たちを戒めるためにも

今回は、この大雨で試練を与えたんだ。

にしてもひどくない!?笑

なんか本当はここに金箔はれてキャッキャできるんでしょ!?

まずさ、誰もいないよ!?笑

ハイライト:岩が見えた瞬間のおバカたち

 

ゴールデンロックと記念撮影

強風の状況です。

 

 

私は即座に屋根のあるところに避難。

もう辛かったです。

 

最後はおバカ4人組で写真撮影。

信号機かあんたら!!

あれ?俺が入った方が信号機っぽいかな!?笑

ここから帰るのか…。笑

おバカイエロー参上

おバカブルー参上

おバカオレンジ参上

信号機か!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください