No.163タジキスタン⑭ーイシュコシムからホログへ帰還・ナガサキヒロシマおじさんとの出会いーイシュコシム

—前回までのあらすじ—

タジキスタン・ワハーン回廊の秘湯ビビファティマ。ヤムチュンフォートから程なく歩いて到着。無料で入れるのにも関わらず本格的な温泉に感動。綺麗になった身体で下山し、向かったのはイシュコシム。ヒッチハイクをするもなかなか車が見つからなかったが無事到着することができた。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

中日ドラゴンズの話させてください。松井佑介選手と松井雅人選手とモヤ選手がオリックス・バファローズにトレードで行くことになりました。ビックリしました。本当に突然のことなのです。トレードって。

で、中日って金銭トレードはしていたりしてたんですけど、交換トレードは調べたら2010年以降していませんでした。だからこんなに驚いてたのかも。落合監督トレード本当にしなかったから。

松井佑介選手はパンチ力あって、杉内選手からホームラン打ったり。あともう一つ花開いてくれればって感じで、ミヤビ(雅人)選手は去年一番試合でたキャッチャーですし。モヤ選手は打ちまくってたんですけど。外国人枠の問題です完全に。全員大暴れしてください。ああなんか好きな人が転校しちゃう感覚。…経験したことないけど。笑

イシュコシムからホログへ帰ります。

秘湯・ビビファティマ。源泉掛け流しの最高の温泉でして、はい。1時間近く入ってのぼせてしまいました。人よし景色よし温泉あり。もうワハーン回廊楽しすぎ。大好き。

No.162タジキスタン⑬ー秘湯ビビファティマへ!そしてイシュコシムへヒッチハイクーヤムチュン

湯上り後には素敵なお姉さんとお話ししましたしね!

 

 

 

 

オフシーズンの人の少なさから苦労したヒッチハイク。

それでも私たちは無事イシュコシムに到着することができました。

 

前日は、宿のスタッフもいないお化け屋敷のような状態の宿に宿泊したわけです。

ヒョンジョンさんは夜なのにちょっと買い物行ってくる〜って言って出て行きました。

 

 

 

 

まあ、この地域にいて数日。

何も危険な感じはしないというかむしろ平和な気がしまして、

「気をつけてくださいね」

くらいしか言わなかったんです。

部屋でゆっくりしてたらですね、「ガチャ!」ってここに出張住み込みで働いてるタジキスタン人の人が来たんです。

彼は何かを必死に聞いてきます。私は何を言っているかわかりません。笑

 

 

 

 

 

 

ああ!

「お金を払ってない」ってことかな?!

 

 

 

 

「明日朝スタッフに払うよ〜!」

って

「I     PAY      MONEY     SOMONI」ニコッ

もう単語勝負笑

 

 

 

 

 

するとお兄さんが

「ダメだこりゃ、こい!」みたいな感じで私を手招きしたんです。

 

あれ?俺ボコボコにされる??笑

っていうかね、ここの人たちアフガン系の顔してて目がでかいし、眉毛めちゃ濃いし基本怖い顔してて第一印象は「怖い顔」なんです。笑

わかります?だから怖かった笑

彼の部屋に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、あったかい。

 

これが最初の印象。笑

そう、私たちの部屋はもうそれは寒かった笑

 

 

彼らの部屋は持参してる電気ストーブがあって暖かった。

彼の仕事仲間もいて、彼もまあ険しい顔。怖いって笑

 

 

 

 

 

 

 

 

そして彼はネットが使え、とうとう翻訳アプリを使い始めました。

 

「ンン!!」ってまるで映画トトロの、カンタがサツキに傘を差し出すシーンのように携帯差し出してきました。

 

私「ん〜??”彼女はどこ行った?”    

…あーヒョンジョンさんは外行ったよ!!

 

 

 

 

 

すると彼の険しい顔はさらに険しくなり、また翻訳しました。

“夜は危ない。外は出てはいけない。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・めっちゃやさしいじゃん。笑

 

 

地元の人に言われるくらいだから本当に気を抜いてはいけなかった。

反省してるけど、彼らのギャップ萌えのレベルが100を上限とすると限界突破の200くらい萌えていた話でした。

昨夜の話が長くなりましたが出発します。笑

 

情報ノートに情報残しておきました。オフシーズン編って感じです。

ちょくちょく日本人が来てたことが見て取れました。

 

朝、スタッフを見つけ50ソモニ支払って出発しました。

ちなみにこれはオフシーズン価格なので、シーズン中は値段が上がると思います。

 

前日にロシア人に未払いで出て行かれ「ロシア人はみんなそうだ」って怒ってました。

 

 

 

 

 

あれ?イシュコシムの観光は??

うん、まあ乗合タクシーもちょうど出る時間にあったし、もう天使にもあったし大丈夫!!ってことで観光はせず。

 

本来ならば、アフガニスタンの商人がやってきて「アフガンバザール」がイシュコシムでも開かれるのですが、政情不安で国境は開いていませんでした。

 

イシュコシムにはタリバンが近くにいたりするそうです。

 

また人数オーバー。

はい、教習所へお行きなさい。

みなさん、この状況理解できます??笑

5人乗りの車です。すでに後部座席に5人乗ってます。わかります!?笑

 

いや、これを黙認してる私も同罪か!?笑

なんともまあギュウギュウ詰め。笑

 

てかみんなガタイいいからタチが悪い。笑

 

あ、ちなみにイシュコシムーホログ間50ソモニです。

 

違法乗車の車内ではアフガンミュージックがずっと流れてました。

タジキスタンではインド音楽とアフガンミュージックが人気なんですって。

 

 

動画:後部座席に5人

 

動画:車内で流れるアフガンミュージック

 

適度に休憩を挟みます。

世界のTOYOTAもビックリしているであろう後部座席に5人乗り。

 

 

それにしても、このワハーン回廊の旅中はずーーーーっといい天気だ。

ありがとう。日頃の行いかな?

 

 

運ちゃん(真ん中)が「写真撮って!」なんていうから記念撮影会開始。

 

ええ写真やないか。笑

 

運転手のおっちゃんも愉快な人で、日本人とわかると「ヤポーニャ!TOYOTAグット!」って言ってくれた。

「おう、ありがとう!」

 

そして私のことをこう名付けたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

運ちゃん「ナガサーキヒロシマ!ハハハ!」

 

そう、私はこれが最初のナガサキヒロシマおじさんとの出会いだった。

 

こっち向きなさい!笑

いい笑顔じゃないの・・・。笑

 

日本のことなんて詳しくない人は侍とか忍者とかTOYOTAかナガサキヒロシマのことくらいだろうね。

 

そして車内では私による「ナガサキヒロシマ ”チバ”  」講習が始まった。

ちーばくん、千葉の名誉をかけてここタジキスタンで布教活動に勤めるからね。

 

 

 

運ちゃん「ナガサーキヒロシマ!」

私「NO!ナガサーキヒロシマ チバ!!!

運ちゃん「・・・チバ??」

私「Yeah!ナガサーキヒロシマ チバ!! おけい!?

 

運ちゃん「ナガサーキヒロシマ、、、チバ。」

 

これにヒョンジョンさんは爆笑。

ヒョンジョンさん「私も手伝う!」

 

 

 

 

 

 

 

そして、

ヒョ・我「ナガサーキヒロシマチバ!!」

 

運ちゃん「ナガサーキヒロシマチバ!!」

 

 

 

おっけーいい!!

 

 

みんな「ワハハハーー!」

てな訳で、タジキスタンで特にイシュコシムあたりでナガサーキヒロシマチバおじさんがいたら私たちの布教活動の結果です。驚かないでくださいね。(絶対おっちゃん忘れてるわ。笑)

 

ホログへ帰還。

    

そんなことをやっていたら、ホログが見えたきました。

そう、とうとう帰ってきたんです。頑張ったな。

 

この地域の子供達は本当にかわいいな。

フレンドリーで、いい子達ばっかりで。

 

 

宿に戻ってきました。

なんだこいつは、でかいタイガーシュリンプか?笑

 

おうおうおう!なんだなんだ!!

 

ほう、、私に身を委ねるのか。

どうなっても知らんぞ。

 

 

そんなこんなで、今後の人生でもなかなか経験できないような日々を私は過ごしたのであった。

 


にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください