No.166タジキスタン⑰ーホログからドゥシャンベへ戻ります!SAYONARAワハーン回廊ーホログ

—前回までのあらすじ—

アフガンバザールに思いを寄せて私は土曜日まで3日間待つことにした。なぜかこのタイミングでネットも使えなくなる事態がおき、子供と遊んだり、インド人のプリータムと町を歩いて時間を費やしたのだった。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

明日コソボを出国します。アルバニアではゆっくりした生活を過ごしていましたが、ここから少しピッチを上げます。コソボの次はモンテネグロ。そして、その後クロアチアのドブロブニクに向かいます。そのあとはボスニア・ヘルツェゴヴィナです。

ちょっとタフな移動が待ち構えてそうです。情報収拾は本当に大切。たくさんの旅人のおかげで私たちは非常に効率よく移動できていると思います。ありがとうございます。

ブログなんてやってられん!て話になりかねないです。ああ、毎日充実したブログを書いてる人の生活を見てみたい。写真のアップロードが結構ネック。てか俺は写真を貼りすぎなのかもしれない!笑 ネット環境悪いと即死するスタイル、変えていきたい。笑 助けてええ

アフガンバザールは!?!?

ここホログで毎週土曜日アフガニスタンの商人がやってきて開かれる「アフガンバザール」。

わたしゃ、それをずっと待っていた。それはそれは非常にゆっくりとしたスローライフのお手本になるような日々の過ごし方をしていたのです。

見方によっては、三十路近い男が何もしないプー太郎の日本の将来、お先真っ暗に染めてしまうような、怠惰な生活をしていたのです。

No.165タジキスタン⑯ーアフガンバザールを待つ日々ーホログ

果たして、無事、念願のアフガンバザールに行くことはできたのでしょうか!?!?

 

待っている間の3日間はよく自炊をしました。

そう、インド人のプリータムと。

彼ね。素敵な笑顔よね。

 

彼とパスタを作ることになりました。

ぷ「パスタなら任せて!!」

お、頼もしい。

ぷ「日本は色々細かいよね。料理にしてもそうだよね。」

私「うんうん。」

ぷ「インドの料理はダイナミックなんだ!!(塩ガッサーーーー!)」

私「えええ!!」

 

 

 

 

 

プリータム、それはダイナミックすぎなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

私「しょっぺえええ!!」

ぷ「これはまずいね、、そうだビネガー(お酢)で調和できるはずだ!!(お酢ドババーーー!!)」

私「ええええ!?!?!笑」

 

 

 

 

 

 

「ジューー!!!」

蒸発するお酢。

 

 

 

 

 

 

私・ぷ「ゲホッゴホ!!」

で・き・あ・が・り🎵

 

 

 

〜いざ実食〜

 

私「・・・パクっ!ブホ!!・・いやぁプリー、、ぶほっ!これは、、がはっ!!酸っぱいね・・・。」

 

ぷ「うー、、ブフッ!!これは結構きつ・・・ぶほっ!!いっぱいパスタ食べ、、ぶぶっ!!ないとね・・。」

 

 

お酢の蒸気で吹き出す私たち。

でも、プリータムが楽しそう。それでいいのだ。

具に関してはたくさん残してしまいました。プリータム、ごちそうさま〜。

 

この笑顔である。

 

 

 

アイビーンデアおじさん。

彗星の如くやってきたこのフランス人。

昨日私とプリータムの部屋にやってきたニューカマー。期待の大型新人である。

「アイビーンデア(I’ve been there)おじさん」と私たちは名付けた。

 

 

 

なんの脈絡もなく

「ここの国行ったことある!?アイビーンデア(私はそこに行ったことがある)」

って話を始めるのである。

話は止まらない。マシンガントークとはこのこと。

 

 

 

 

 

 

私は部屋でパソコンをいじっていたが、そんなの御構い無し。

「ここの国行ったことある!?アイビーンデア(私はそこに行ったことがある)」

一応、この質問の間に「ないよ。」という回答が挟まれている。

「ここの国行ったことある!?(ないよ。)アイビーンデア(私はそこに行ったことがある)」

これくらいのスピードである。「ないよ」の「よ」くらいからアイビーンデアが始まる。

 

 

 

 

となると

「ここの国行ったことある!?(ないy…)アイビーンデア(私はそこに行ったことがある)」

くらいのスピード感。ウサインボルトもびっくり。

 

 

 

 

あとは自分の旅行自慢。こいつなんなんだ!?笑

150カ国以上行ったことがあるらしい。

とにかく昨夜は疲れた。彼は沈黙を許さない笑

プリータムもこの顔である。

それもそのはず、朝も変わらず

「ここの国行ったことある!?(ないy…)アイビーンデア(私はそこに行ったことがある)」

行ったことあった国も聞かれたが、私の話など興味はさらさら無く、

人に話す隙を見せない。島田紳助でもそんなことはしたことがないはず。

一番魅力ない旅人だあなた。

誰も話聞いてないのをいつか雷に打たれる確率と同じくらいだろうけど気づいて欲しい。合掌。

 

 

ホログからドゥシャンベへ。希望も虚しく・・・

アフガンバザールは開かれませんでした。

やはり政情不安定で国境が開かれなかったようです。本当に残念です。

私とプリータムは首都ドゥシャンベに戻ることにしました。

毎日キャッチボールとか遊んでくれてありがとうね。

バイバイ、お元気で。

たまたま宿のオーナーの弟さんがドゥシャンベに戻るということで、一緒に乗せてもらうことにしました。

行きと同じ300ソモニ(1ソモニ12円くらい)です。

タジキスタンは移動費が高い。ガソリン代が高いからです。致し方ない。

 

 

ということで出発です。一応国境の方まで連れて行ってくれました。

 

やっぱり開かれてませんでした。

アフガニスタンの側がはためいています。

本来ならあの橋を商人たちが渡ってくるそうです。

見たかったな。

 

いつまでもグジグジしていられません。

12時間以上の道のりなのです。進んでいきます。

 

 

車の故障・・・。

車が故障しました。

恐れていたことが起きました。

 

ボンネットを開けて確認。

頑張ってくれ!!

 

こんなタイミングで祖国を思い出しました。

三菱の車がここで頑張っております。

 

前を見るとこんな道です。

これ、、車動かなかったらやべええええ。

どうしよーーー。

あまり気にしてなさそう笑

 

国境警備に当たる軍人さんがこの道をよく歩いており、軍人さんと仲良く話したり。

大丈夫なのかな。

皆川沿いに向かって立ちションしています。アフガニスタンの人に大サービスです。

 

通り過ぎる車は必ず止まって「大丈夫か!?」なんて会話しています。

こういう助け合いは四六時中あるのでしょう。

 

プリータムを撮ってあげました。

いい笑顔です。楽しそう。

 

30分ほどして動きに変化が・・・!

うん!!なんとか大丈夫そうです!!

よかった・・・!

 

時折パスポートチェックもありました。

パーミットの関係です。

休憩しては進んでいきます。

 

      

お昼ご飯はプロフを食べました。

安くはなかったです。プリータムちょっとおこでした。笑

 

道中雨が降ったり、故障した車はスピードがかなり遅くかなり多くなってしまいましたが、無事ドゥシャンベに到着。

 

 

ドゥシャンベで最初に泊まっていたグリーンホステルに再度宿泊をすることに。

 

はああ、ついにここに戻ってきたんだな。

 

ネットを繋いでわかったことがあった。ゴルノ・バダフシャン自治州で警官が民間人に向かって発砲。民間人と警察がもめてホログを含めた東部の自治州はネットが規制されていたようです。

ひ、ひえええええ。

 

もう一つ。

最初に訪れたタジキスタン第二の都市「ホジャンド」の刑務所でISの受刑者が警官から銃を奪って20数人殺害したようです・・・・。

世紀末やん。てかやっぱりタジキスタン安全ではない。

「早く出国しよう」

そう決めたのでした。

 

 

中央アジア残すは「ウズベキスタン」「トルクメニスタン」

し、しかし3週間前にビシュケクで頼んだビザがまだ発行されてないいいいいいい!!!

 

ど、どうなるの私の旅〜〜〜

 

続く

 


にほんブログ村

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください