No.165タジキスタン⑯ーアフガンバザールを待つ日々ーホログ

—前回までのあらすじ—

苦労してたどり着いたランガルから無事ホログへと戻ってきた私たち。オフシーズンもあってかここを訪れている旅行客には殆ど会うことがなかった。自分だけの時間のような特別な時間のようなそんな数日間だった。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

昨日40℃あったようです。ビックリした。まあ、暑いなーって思っていたのですが、そこまで暑いとは思っていなかったです。日本の方が蒸した暑さがあるからかもしれません。西ヨーロッパも大変なようですね。フランスは45度だとか。

夏の部活のこと考えると本当にしんどかった笑 私は野球部に所属してましたが、今考えると長袖長ズボンで動き続けますから、あの灼熱地獄は応えました。1日ならまだしも毎日なので、死なないように凌ぐのがやっと。

今なんて可愛いもんです。歩いて移動して休憩して。ああ、ちゃんと運動したい。今でもできますけど、移動したり観光したりなので、なんというかちゃんとした食生活とともにしたい笑

アフガンバザールを待つ。

私は暇であった。

今や話題の人となっているケビンスペーシー

この人のネットリした感じは、本物だったのか笑

見ているのはネゴシエーターいう映画。

なんかカタカナで書くとネゴシックス感たまらんな。

Negotiaterという映画。うんこれの方がしっくりくるな。

まあまあだったかな。

冤罪をこんな1パーセント以下といってもいいだろう方法で挑むのはさすが映画。

でもこの題名の通り2人の交渉人のやりとりが面白かった。

パスタ作ったお前!!

…湘南の風系の歌はあまり聞きません。すみません。フランクフルト頬張りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

あああ!!暇じゃ!笑

 

そう、私は今だにホログで時間を費やしていたのだ。

なぜか??

 

 

ここホログでアフガニスタンの商人がタジキスタン側にやって来て

「アフガンバザール」なるものが毎週土曜日に開かれるのである。

ここではアフガニスタンの品や紙幣を買うことができ、

なかなか触れることのできないアフガニスタンの文化を少し感じることができるのです。

 

 

それは非常に旅人の中でも人気のイベントであり、私も是非いってみたかったのだ。

 

 

ただもうここ半年開かれていない。

アフガニスタンの情勢が不安定だからだ。

アフガンバザール開催は国境が開かれるかどうかだ決まる。

商人の都合ではなく国境の都合なのです。

 

 

 

それはもうわかっていたことだった。

ただ、宿のオーナーが「今週ついに開かれる」と!!

友人と情報交換していて、私は大興奮。

 

 

私待つわ、いつまでも待つわ。

たとえあなたが ふり向いてくれなくても

 

 

待っている間の日々

動画:この子たちと遊び続ける日々

 

 

動画:タジキスタンもかくれんぼがあるんだね〜

 

 

動画:こんな小さなスペースでかくれんぼ

 

 

動画:隠れる場所は決まってくる。

 

私はここホログで結局土曜日までの3日間待っていたのである。

しかもしかも!なぜかインターネットが使えなくなった!!なんでじゃ!!

地元の人も使えないらしい。

んんんなんでだ・・・。

 

 

まあ良い。

私はホログで彼女ができた。

 

いつも私に身を委ねてくる。

永住しようかしら。

 

暇じゃ。

同じ部屋になったインド人のプリータムと一緒にインド料理屋さんに行きました。

彼は昔アメリカのアマゾンで働いてたらしい。超優秀じゃん。

 

インドに行くからインドについての情報を色々聞いていた。

プ「インド人はクレイジーだよ。」

私「一回行ったことあるけど、やっぱカオスだった。」

プ「だよね。」

 

そんな会話の中で、宗教の話になりヒンドゥー教のことを少し聞いていた。

ヒンドゥー教はお牛さん食べない。

うん。そうだよね。

 

 

 

 

 

 

 

ん・・・??

 

 

 

 

 

 

あれ、、?

私「ねえ、プリータム。これってさ、、??」

 

 

 

 

 

 

 

プ「ああ、ビーフカレーだよ。俺は地獄に落ちるだろうね(満面の笑み)」

彼は牛肉のカレーを頼んでいたのである。

 

 

仕事でシンガポールにいた時まで、ベジタリアンだった彼もそこで肉料理に目覚めてしまったらしい。

個人の自由だし、宗教で食べられないものがあるのって本当に勝手ながら大変そうに見える。

豚肉を食べないお酒飲まないのが基本のイスラム教。

 

雑食の私たちにはわからない世界だ。

 

 

それにしても、自分で「地獄に落ちるだろうね」なんて笑顔で答えるプリータムの明るさがすごく好きだった。

 

 

暇だ。

美味しそうに見えるがシナシナのりんご。まずい。

 

 

暇だ。

 

プリータムと一緒に電化製品を見に行きました。

彼は変換プラグがないようで、買いに行きます。

暇です。

中華製品だらけだ。隣の国だもんね。

ここで、私はモバイルバッテリーを購入しました。

 

85ソモニ(1ソモニ12円くらい)のピンクのやつ

店員のママに

私「ねえ70ソモニでもいい・・・??チラッ」

 

 

おねだりしてみました。

 

 

「いいわよ!ニコッ」

あ、こんなあっさり。

 

 

ということで、

21800mAhは絶対ないであろうモバイルバッテリーを700円くらいで購入に成功しました。

実際携帯3〜4回充電できます。

いいお買い物になった気がする。

 

 

暇です。

一応店の入り口の写真です。地図も貼らないという最悪な情報ブログになったことを懺悔します。

 

 

こんな日々を私は繰り返していました。

ワハーン回廊の充実した旅から転落しすぎで自分でも笑えます。

 

 

果たして、アフガンバザール、開かれるのでしょうか!?!?

(次回へ続く)

 


にほんブログ村

 

Follow me!

No.165タジキスタン⑯ーアフガンバザールを待つ日々ーホログ” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください