No.161タジキスタン⑫ーヤムチュンフォートへ!お城で大ジャンプーヤムチュン

—前回までのあらすじ—

ランガルの観光から戻ってきた私たちは温泉があるというビビファティマに向かった。到着した時には日が暮れており、ヤムチュンという村まで戻ることに。飛び込みで入った宿は非常に快適だった。そして外に出ると満天の星空がそこには広がっていたのだった。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

大阪でG20が開催されました。なんか結構いい雰囲気で各首脳陣が集まっていたように見えました。で、今みたいに長期で旅行しててこの動画を見ると「ああ〇〇大統領だ。」なんて感じで結構見方が変わったというか少し愛着湧くというか

「あ、モディ首相だ」「お、エルドアン大統領だ」なんて感じで。米中の貿易戦争とか、米露の対立とか最近色々物騒な雰囲気だった国際情勢。昨日の動画を見ている限りそんなのが嘘のように思えるくらい和やかな雰囲気な気がした。やっぱ人間直接会うって大切だよね。

まあ、メイ首相がプーチン大統領に直接スパイ容疑のこと強く非難してたりするの見るとすげーって思ったけども。笑 これからも平和な世の中を作ってください各国の皆様・・・。

ヤムチュンフォートへ

満天の星空。それはプラネタリウムで見るようなものをはるかに超える星空でした。絶景が続くタジキスタンワハーン回廊です。

No.160タジキスタン⑪ーヤムチュンで人生で最高の星空を見ましたーヤムチュン

私はこの景色を一生忘れません。

 

 

 

ランガルからビビファティマに向かうも入れなかったので、改めてヤムチュンからビビファティマに向かいました。

で、昨日の星空撮影でお城がなんか面白そうだったから、温泉に向かう前にヤムチュンフォートに向かってみることにしました。

 

起床。室内では薪でストーブが焚かれていて寝る前はいい温度で練れたのだけども、

朝は当然薪も燃え尽き寒かった。笑

外を見ると今日も天気が良さそうだ。うう。

そんで以って今日は温泉じゃあ!!!

 

朝ごはん。

甘えええ。笑

 

改めまして泊まった場所はここ。『Homestay』

ヤムチュン、ビビファティマで泊まるならぜひ!よかったです。

 

40ソモニでしたがシーズンで値段が違うかもです。

 

外はこんな感じ。

 

ヤムチュンの宿のおばあさんとお孫さん

朝食は宿泊した部屋ではなく、この部屋。

そしてそこにいたのはおばあさんと可愛い2人のお孫ちゃんたち。

 

みんなで、お米に混じる小石を取り除いていました。

 

ストーブとちょいブサのネコちゃん。

 

みんなカメラに興味津々。笑

 

可愛い。

 

動画:みんなで小石拾い。(私も参加。寝癖やばい笑)

 

みんな夢中になって探します。黙々と。

私もこの子たちに教えてもらいながら気づけば30分以上やっていた気がする。笑

 

手前の女の子が定期的に私にコメの中に混じった豆を食べさせてくれました笑

この小石拾いの時間、無心になって石を探す時間、なんか表現しにくいけど、こう携帯やテレビをいじっては情報が滝ように降り注ぐ現代社会から離れて、非常にゆっくりと時間が流れたようなそんな感じで楽しかった。

 

ここでも携帯電話はあって、この子たちもおばあちゃんの携帯電話に入っているゲームで楽しんでいた。

こういう場所でももう携帯電話は普及してて、時代の変化は、地球の細部まで行き渡っているんだなあと。偉そうなこと言ってすみません。

でもこういう風に親の携帯のゲームで遊ぶっていうのが、どことも変わらないんだなってそういう風に感じました。

 

これだけ小石を取ることができました。パチパチ〜。

これでも頑張ったほうだよ。

 

最後は記念撮影〜。ネコをぬいぐるみのように振りますのは、、、もうちょっと優しく、、ね、、笑

 

あら、可愛いよねーー。

 

絵本を見せてくれたり、一緒に携帯のゲームやったり(トランプのゲームで私は必ず負けなきゃいけなかった笑)ほのぼのした時間が過ごせました。

これもまた私の思い出の写真。ありがとうね。

 

 

ヤムチュンフォートへ!!

さあ、思いの外宿でゆっくりしすぎたけども、ヤムチュンフォートへ向かいます。

宿からすぐの場所にありました。

 

いかにも古城って感じ。

で、ネットにもこの城の情報は非常に12世紀に作られたもので城壁だけでなく時計塔も残っているとのこと。

 

ヤムチュンフォートはタジキスタンとアフガニスタンの現代の国境の間に位置し、Wakhjir Passの4,923フィート(1,923メートル)の高さにあります。

ここワハーン回廊はかつてシルクロードと言われた時代で繁栄した場所、その時のキャラバンにとっても重要な場所として位置していたようです。

谷全体に散らばっている仏塔、砦、塔、宮殿の遺跡は輝かしい過去を物語っています。

 

中に入ってみました。もうこの風景がすごくたまりません。観光客も誰もおらん・・・。

当時の貿易業者は何千年もの間シルクロードを頼っていました。そしてこのワハーン回廊は安全な輸送ルートとして使われていたそうです。

その中で、このヤムチュンフォートはトレーダーを襲撃者から守り、帝国を近隣の人々から守るという2つの目的で、数多くの要塞が建てられました。

ということだそうです。この地域の安全を守るそんな場所だったのです。

 

積み上げられた平石は簡単に取れてしまいます。

こんなに保存状態がいいのもおそらく人があまりこないからなんだろうなと思います。

海外のサイトには

ヤムチュンフォートは周りのすべての建造物の中で最もよく保存されています。要塞の形状はそれほど良くはありませんが、地震や地滑りが発生しやすい地域の非常に侵食された丘の上に位置していることを考えると、それはまだ立っているのは驚くべきことです

と解説しています。地震もしばしば起きるようです。確かにそれでこの保存状態はすごい。

 

動画:城壁から眺めるアフガニスタンの山々。

 

動画:ズーーーームからの山

 

 

このお城の中にはゾロアスター教のエターナルファイヤー(永遠の火)の神殿があったとも言われているそうです。が、これは確実な証拠はないようです。

 

 

 

ヤムチュンフォートでジャンプ!!!!

私もヒョンジョンさんもお互い好き勝手にお城の中を駆け回っていました。

私は柵も何もない不安定な、場所によっては危ない城壁に立ってずっと遠くを眺めてました。

まるで絵というか写真というか、そんな世界の中に私だけ落とされてしまったような感じがしました。

 

ずっとここにいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳にも行きません。思いの外お城がすごくて、いや、お城からの景色がすごすぎて動けなかったのです。

 

 

でも今日は温泉に入って、村を移動しないといけません。

 

 

 

 

1、2時間くらい経ってそろそろ行かなきゃと思った私たちは合流しました。

「そろそろ行きますか・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

とその前に写真を撮ることに。

「ヒョンジョンさん、ごめんなさい、ジャンプするんで撮ってくれませんか??」

 

 

 

 

 

そう、何を思ったのか突然私はここで飛びたくなったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

てな訳で、

ヒョンジョンさん「はい、もう連写しますね〜〜1、2、3」

 

 

 

 

私「うるぁ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおおおお!!!めっちゃいいこれ!!

 

 

 

 

 

大興奮して、何回も撮りました。

 

うりゃ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あはは、楽しい。

 

 

 

 

だらっ!!!!

 

 

 

 

 

あまり自分の写真は撮らないから分からなかったけど、たまに自分が映るも大切だなって感じました。

そして何より、ヒョンジョンさん、うまい。撮るのが笑

 

 

 

 

 

 

そして

ヒョンジョンさん「私もやりたいです!」

 

 

 

 

ていうことで、、、、

 

ヒョンジョンさんも大ジャンプ!!

 

 

このまま崖から落ちて帰らぬ人となりました・・・ってのは嘘です。

 

 

楽しそう。笑

 

 

最後にこの山を背景に撮ってもらいました。

温泉入る前にいい運動ってところかな笑

 

このお城でこんなにはしゃいだの、自分たちくらいなのではないだろうか。笑

ヤムチュンフォートで大ジャンプ!最高です。

ご参考に。

 

次回、やっとビビファティマの温泉入りました。


にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください