No.112新疆ウイグル自治区⑤ーフルーツマーケットで人生初の職務質問ーカシュガル

—前回までのあらすじ—

新疆ウイグル自治区・ウルムチを離れた私が次に目指した街「カシュガル」。キルギスに向かうためにこの街にやってきた。久しぶりの中国寝台列車の旅、20時間の移動。荒涼とした大地に歩く駱駝。嗚呼、シルクロードの旅が始まったんだな。親切な中国人にお菓子や果物色々もらってしまう始末。私はついに中国最西端の街まで到着したのであった。


にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

はじめに

バングラデッシュ入国です。その前にスリランカからインドに最終入国してました。今再びのインドです。疲れましたインド周辺の旅、だってインド大きいんだもん。しかもスリランカも顔似てるんだもん!笑 変化が欲しい!!笑私は半年とか1年近く同じ国を観光するのは厳しいかもしれない。飽き性なのでたくさんの国に行くことは本当にぴったりと言える気がします。

インドはデリーから南下してコルカタまで、そして明後日バングラディシュの観光を終えたら再度コルカタに入国してガンジス川流れるバラナシへ。そしてネパールを観光したらデリーで会社員時代の友達と再会して終了です。ヨーロッパ行きたいよう!!笑

みんな、異動して海外転勤の友達が増えてきてます。すごいなあ。俺は今自分の夢の途中、周りに流されないで自分のやりたいことできているからね、人に流されないでしっかり意思持って今後の自分の人生に向かって進んで行こうって思っています。でもね、逃げることはしちゃいけない。

カシュガル観光

カシュガルでの朝、フルーツパーティーから始まるカシュガルの朝。

宿でたくさんの中国人の友達ができました。みんなフルーツをたくさん持ってて、日本のみかんと全く同じみかん(つまりみかん)とかくれました。

みかん大好き!!

そんで持ってこれからどうやってこの場所を観光しようかなーなんて考えていた私をカシュガルの観光に連れて行ってくれました。

なにやら近くにこのフルーツを購入した果物のマーケットがあるそうです。

一番仲良くなった「黄河(ホンフー)」

可愛いよね。プーさんみたい。彼、シェフで北京と内モンゴル自治区の近くの街に住んでいるそうで、オーストラリアでワーホリしてたようで英語も上手。

英語が苦手な中国の方達の仲介をしてくれて、日本人の私を快く仲間に入れてくれました。優しい。

 

会話をしてても戦闘機が上空を走るこのカラッと晴れたいい天気の感じとは離反するなんとも不思議な感じに違和感を覚えたのもこの時でした。

 

ということでね、みんなで果物マーケットに行ってみるわけでございます!

 

カシュガル果物マーケットへ

準備ができたの出発、カシュガルの地元の果物マーケットは宿から30分くらい歩いたところにあるそうです。

 

街は相変わらず物々しい柵だらけです。警察もたくさん。

日中は日差しが強くてでも風はどことなく秋の匂い、2週間前東南アジアにいて感じた湿気や暑さが嘘のよう。

 

カシュガル果物マーケット到着。職質パラダイス。

物騒な題名ですね。笑

到着しました。果物マーケット

本当に地元の人しかきません。外国人の匂いを感じない。笑

バザールみたいなものでしょう。乾き物から、主に果物がたくさん売っています。一緒に来た中国人の人たちはかなりの量を買っていました。

これーー!みかんだよ!!

すっごくテンション上がった。冬にはみかんを大量に食ってしまう私。手が黄色いのですがみかんが理由??笑

1個食べてみるかい?

質問を被せるくらいの速さで返答した私。

フレッシュなみかんを食べました。

(※貴重なカシュガル果物マーケット)

 

んほおおおうめえええええ、、、

 

ホンフーと一緒に買おうかなーー?

 

 

トントン。

と、私の肩を叩く誰か。

 

 

はいはい〜〜。

 

 

振り向くと。

 

 

 

公安ではないか!!!!!!

 

 

いきなりドキッと、緊張する私。

 

(「え、、俺なにした…??」)

 

 

公安「どこの国出身だ?」

私「…日本です。」

公安「パスポート見せて」

私「は、はい…。(何で?)」

 

 

公安「……。」

私「……。」

 

 

公安「………。」

私「………(なんだよまじで)。」

 

公安「ジャーナリストか?」

私「ツーリストです。」

 

その後ホンフーが間に入ってくれて説明してくれて

公安「写真撮るからここ見て」

と、パスポートと顔写真を取られました。

全く、いつから人気者に…。

 

 

いやあ、なかなか深刻な場所だわ、ウイグル自治区。

俺みかん食って職質くらったぞ。笑

 

 

 

 

…改めてセンシティブな場所なんだわな…ウイグル自治区。

ちょっと落ち込んだ私を慰めてくれるホンフー。

果物マーケットの散策は続きます。

 

職質②

続きまして、食べてのが「柘榴(ザクロ)」

ウイグル人のおっちゃんがくれました。

ありがとううう!!

すごく優しくて写真も快く撮らせてくれました。

親戚のおじちゃんにいたらいいな笑。

 

 

みんなで談笑、穏やかな雰囲気。

ハハハ〜〜。

 

 

トントン。

 

 

…え、、、

 

 

振り向くとまた新たな公安が…。

 

 

行ったことは同じ。

・顔写真、パスポート撮影

 

 

はああああ。うぜええ。笑

ホンフーが毎回警察をうまく扱ってくれました。

 

(マーケットの風景②)

結局職質はこの時3回されました。

入場の時、どこでもパスポートチェックがあるんです。つまりその時「日本人が来た」と警察に無線で行き渡り当然外国人が来ないようなこの場所で日本人がくれば公安は警戒レベルをあげるんです。

ジャーナリストであったらどうする?

みたいにね。見られたらまずいことなんてなにもなさそうなこんな場所ですら。

最後の動画でした。

ある意味いい経験でした。笑

 

 

鉄の柵で遮られたタクシーに乗って帰りました。

色ーんなことあったけどね、まだまだ序章。

この後買ったフルーツをみんなで分けてパーティーしました

 

 

みかんおいっしいいいいいい!!

公安なんて知らん!!笑

 


にほんブログ村

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください