No.41ベトナム④ハロン湾—surprise—

—前回までのあらすじ—

ベトナムバイクの旅を始めた私は、最初で最大の関門ハノイの街を抜ける事に成功する。バイク旅の最大の敵ベトナム交通警察に遭遇するも握手して終わる珍事件発生。徐々に運転にもなれ無事第一目的地ハロン湾に着いたのであった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

 

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

 

 

はじめに

こんにちは、前回遅れた分今日は頑張りますよ!かく言う私は相変わらずミャンマーで出会った竜二さんっていうイケメンひげ人間とくっっっっっだらないLINEをしています。

そんな竜二さんのブログ載せてあげる事にします。

竜二さんのひげ日記!(本当は違います)

まじめな話すると写真凄く良いんですよね…。あとインスタのストーリー受け狙いするんだけど本当に面白い時が多いから笑

目覚めると大谷翔平君はいつもホームラン打ってる感じ。すごいなあ。おっちゃんも彼の試合観れる事夢見て頑張ろう。

ベトナムバイク旅2日目。

前回は「右ウィンカー出さずに曲がる。これがかっこいいんじゃ」で有名の名古屋走りなんて時代遅れのハイレベルなハノイの旧市街を抜けた私。

検問で有名なベトナム交通警察を握手でくぐり抜けたどり着いた最初の目的地「ハロン湾」今日はバイクに乗らずここを観光するのです!

東京オリンピック号と心中するのであります。

起床。季節は夏。但しここは山の頂上でもあり暑さはそこまで感じられない。

朝ご飯。

ハロンへ出発!

宿でハロン湾の船ツアーの申し込みが出来たのでしました!

確か700,000丼とかだった気がする…。

バスでフェリーターミナルまで。

んでここ。フェリーターミナルはすぐ近くにあります。

ハロン湾にはクルーズで宿泊するプランがあったり、ハノイからきて半日だけのものもあったり色んなツアーがあります。

観光客でにぎわっておりました。

フェリーも格差があり、ボンビーメン用の物もあれば豪華なものもある。

おおおーーーー!これこれ!ハロン湾のクルーズ、いつか乗ってみたかったんだ…。

海は、、きったね!少し!笑

ハロン湾クルーズスタート!!

それでは、のっていきまーす。

とここで、ハロン湾とはなにか載せておきます!

奇岩が有名なハロン湾ですが、大小3,000程の島があるそうです。

伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。(wiki抜粋)

ここは1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されてます。
ユネスコが支援するフランスのNGO世界で最も美しい湾クラブにも加盟しているそうです。

何じゃそのクラブ!笑

 

中はこんな感じ。お菓子は私の物ではありません。

 

ということで、外に出てみましょう。

はい、最高。

 

ああああああーーーーー。

 

風のおかげで夏の暑さを忘れられる涼しさ、

こっそり。

あ、これが盗撮?いやいや風景を撮っていたんだ!!

 

第1チェックポイント

全然ツアーの内容を知らずに申し込んだ為、何をするのか知らなかった私は毎回サプライズがこのツアーで起こるのである。

まず第一チェックポイントとして、一つの島におりました。なんか観光するそうです。

他のツアー観光客も沢山いました。やはりここでも人民が押し寄せていた…。

じゃかじゃかフェリーがやってくる!

はい、最高。

ここから更に中に入って行きます。

こんな感じの鍾乳洞がありました。すっごく大きいです。

鍾乳洞をぐわーってまわって上って行くのでした。ここも涼しくて快適に観光できた。

人の波に押されて進んで行ったのでした。

 

第2チェックポイント

昼食です。1テーブル4〜5人でシェアして食べます。

私の様な一人参加の人間はほぼいなく、ある家族のテーブルに混ぜてもらいました。肩身狭いわよ。

ってか、このクルーズの食事超豪華じゃないの!?

僕は食べるのが好きで、ご飯が沢山食べられるベトナムは大好きです。(ライスの事)

さすが3期作の国。

甲殻類食べるの苦戦していたら、おやっさんから食べ方レクチャーしてもらいました。

 

第2チェックポイントはここ。

なんじゃここ。

そうここは真珠の養殖センター。…みたいな所!

真珠の貝アコヤガイが沢山あります。貝焼いて醤油つけて食いたい…。

 

ここは養殖している様子。

 

真珠ブランド「ミキモト」で有名なミキモトさんが載ってた!!!

なんかめっちゃ厳しそうな顔してるのう。この先生のもとで修行するのはなかなか大変だろう。

 

そしてここでは何とカヌーが出来るのでした!!

え、一人でやってはいけませんか!?

寧ろ自由でらくですから!!めっちゃ楽しいですから!

 

…パツキンのねーちゃんかもん!!

 

第3チェックポイント

最後のチェックポイントはここ。

おっさんの銅像のところ

そう!ビーチ!

情報皆無であった私は当然海パンなど持っておらず、てか!持ってても一人で入らん!笑

「どうしたらそんな素敵な体系になるのですか?」

と質問したくなる欧米人の美しい姿を拝みつつ時間をつぶしたのであった。

 

ハロン湾終了

あっという間にハロン湾クルーズは終了。

確かに美しい湾だったな。こんな岩どうしたらできるのさ。

という事で帰るのであります。

最後はデザートが振る舞われました。

凄い充実したツアーなきがした。

手前のお姉さんからいただきました。

私が外国人であり、日本人という事に興味を示してくれ話をかけてくれました。

ベトナム語が解らないのでボディーランゲージで表現を沢山するのである。

ハロン湾最後の夜

この宿は広くて凄くリラックスできるんだよなあ。

ガキンチョ達が現る。かわいい。

 

そして今夜も。

オーナー一族と一緒に夕飯!部屋でゆっくりしていたら

「takuro!なにしてるの!夕飯よ!」

…毎日ありがとうううううう。😭

ますだおかだの岡田圭右みたいな顔笑。

ベトナム語で話しかけられ続け、ビールを死ぬ程飲まされた笑

あついからビールが超美味しいいい。

ああ、ここ毎日いたい。でも一日でも緩むと、このバイク旅が頓挫してしまう!!今夜全力で楽しむんだ!

 

…と、なんか私に向かって話したそうにそわそわする2人の子。

anh アンちゃんと

nghia ニーア君

ここに団体で宿泊するベトナムの子。

2人とも少し英語が話せて、漫画の話で盛り上がった。漫画ってすごいな。ここにいると、毎日賑やかに過ごせるよ。

オーナーが明らか特別対応してくれてた気がして、嬉しさといいのかなって感情になった。恩返しでBooking.comに最高評価のレビュー書いたよ!夕飯くれたとかを書く訳じゃなくてね、

純粋にその宿の良さの内容を。

 

さて明日からまたバイクの旅。

明日はロングドライブになりそうだ。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください