No.44ベトナム⑦フエ—世界遺産フエ建築群—

—前回までのあらすじ—

次なる目的地「フエ」に向けハロン湾から南下し続けている私。中継点ビンから二日連続の400km超のロングドライブを敢行する。フエの行くにいく途中フォンニャケバン洞窟という世界遺産に立ち寄るも入る事が出来ず。そこで出会ったベトナム人と仲良くなったり、Nightドライブで予想もしなかった星空撮影が出来たり移動しながらも充実した日を送れた。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

—————————————————————————————————

いまここ

 

インスタが一番更新してます!

おいでやす〜。

 

 

はじめに

無事、沈没し始めている気がします。正直東南アジアを4ヶ月駆け抜けてきた私からしたらここで一旦休憩するのは良い充電になる気がします。

てかね!今久しぶりに個人のインスタグラムをみたのね!出発する5月以降全く開いてなかったのね。旅用の方しか使ってなかったから。

みんなのウエディング姿乱立…。我はウエディングアカウントばかりフォローしてたのかな!?ってくらい。笑

皆おめでとうううううううう😭

かく言う私は28歳な訳で、後輩ちゃんもどんどん結婚していくわい。

自分は何してるって?だまらっしゃい!

ベトナムバイク旅5日目。

前日は性懲りも無く400km超の運転を敢行した私。途中で世界遺産のフォンニャケバン洞窟に到着するも中に入れませんですた。笑

て!いうかさらっと、行きました〜って書いているけど、結構道が起伏あってめんどくさかったわ!笑

良いんです。束の間の人気者になれたから。

私はこのオリオンビールのTシャツ気に入っています。オリオンビールで働く後輩からもらったもの。くり!大切にしてるよー!

さあ、今日は移動ではなくフエの観光をしようと思います

うむ。天気よし。

まずは朝ご飯を食べに行こう。

古都フエは街全体に昔の王宮があったりします、この様に。

ここはホテルの人から教えてもらったフォーのお店。牛肉やボリュームも今までで一番良かった。いつも唐辛子入れすぎちゃうんですよね。

こんな感じのお店の雰囲気。

2日連続で通いました。しかもここは朝食しかやっておりません。地元民で賑わってました。

世界遺産の街・フエを観光

ベトナム最後の王朝である「阮(グェン)王朝」をはじめ、王宮の遺跡が広範囲にわたります。

フエの観光は王宮を中心とした旧市街と、ベトナムの生活が垣間見える新市街を観光するような感じです。

(※マップ)

こじんまりした感じでバイクを持っている私は非常に観光しやすかったです。

2日で800km超運転した私は、目覚めて若干体調が悪いというか熱がありそうな感じがした。ホテルのオーナーがホットレモンを作ってくれました😭

ああ、沁みる…。

おめあかわええのう。

という事で、出発します。

旧市街はこんな感じで、名の通り昔の建築物が数多く残っております。

こんな門通って旧市街を出入りするのです。

王宮と3つの帝廟合わせて360,000丼(1,800円)

この4つを観光する事にしました!うむ意外とかかったな。

フエ旧市街観光

フエの象徴的な建物として「フラッグタワー」があります。

戦いの名残を表しています。見張り台。このフラッグタワーはベトナム戦争による度重なる激戦や天災で何度か修繕作業を行っています。弾丸の跡も残っている様です。

旧市街地のシンボル的存在であり、新市街地からでも眺めることができます。ちなみにフラッグタワーは阮朝王宮の敷地ではないので、無料で見学することができます。

という事で、まずは王宮から入って行きたいと思います。

それにしてもいい天気だのう。

外見からしても中国の文化が残る場所なんですねー。

城壁内部の建築は北京の王城の形式に倣っており、北京の紫禁城を4分の3に縮小した王宮が置かれているそうです。このため、フエ王宮は中国の王宮の模倣と言われることもあるとか。

紫禁城懐かしいな。

中は日陰が過ごしやすく、とっても気持ちよかった。

というか、熱があるオレ!!多分!!笑

休憩しながらいこう…。

王宮は一部改修工事していたりいたけど、人も多くなく多少人民の観光客がいるくらいだった。

2時間くらいいたかなーー。

よし、次いこう。(…身体がだるい)

ご結婚オメデトウございます。

1.トゥドゥック帝廟

続いてバイクで移動した私は「トゥドゥック帝廟」

トゥドック帝(在位:1847年-1883年)の霊廟はもとは別荘として設計された中国様式の建築で、トゥドゥック帝の死後に墓所として改築されたそうです。確かにお墓というより別荘感はある。

こんな感じで池が特徴的な場所でした。

なんか蚊が多そうだな!笑

敷地の中央には大きな湖があり、小船の乗りつけ場もあることから、在位中に舟遊びや釣りなどに使われていたとされるそうですね。

昔はパワプロやったりできなかったからな。釣りで楽しんだのね。

さてさて、移動するよー。

2.カイディン帝廟

ここはカイディン帝廟(在位:1916年~1925年)結構最近王様のお墓。

仏教寺院、ヒンドゥー教寺院、キリスト教寺院の特色が見られ、西洋と東洋の建築様式が混合した建物になっているんだとか。

階段はまあまあ急でした。

内装は金箔や陶器を使ったものになっており割と豪華な感じが見受けられる。

と、、、こんなものを発見。

日本ビール!なんじゃあ!王様のお墓にビール瓶つかっておる。笑

もっと面白いものが使われているかも。皆さんも是非みてみて〜。

3.ミンマン帝廟

ラストは2代ミンマン(明命)皇帝を祀るミンマン帝廟です。

1840年から3年の歳月をかけて造営されました。約2000平方mの敷地にミンマン帝の墓所をはじめ、崇恩殿、武官の像、死者の霊魂を守る馬や象の石像、自然を生かした回遊式の中庭などが配されています

くっ、、、、、、苦しい笑

熱は高そうだ…。

廟内にはいくつかの石門、池と橋、さらに建物が配置されていますが、一直線に繋がってます。

風水を重んじて造営されたから、とのことです。蓮池や三日月形の池に架かる橋も注目。凝った装飾がそこここに見られます。

フエの観光は以上です。

よく頑張った、我!

このとき私の身体はオーバーヒートしておりました。

帰って休養じゃ。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください